2016年10月31日

1.地方の不動産バブル警戒を

―日銀金融システムレポート 2016年10月―

 

fsr161024b-1fsr161024b-2

2.2015年国勢調査確定値発表 2016年10月

  1. 日本の総人口は前回2010年調査より0.8%減り1億2709万4745人。
  2. 鹿児島県の総人口は前回2010年調査より3.4%へ減り164万8177人。人口が増加したのは姶良市で0.5%、十島村で15.1%であった。高齢化率は前回より2.9%増の29.4%で過去最高を更新した。県内43市町村の内34市町村が30%を超えた。一方、鹿児島市は24.8%。

3.マンション高層階 固定資産増税へ

  • 政府・与党は20日、20階以上のタワーマンション高層階の固定資産税を2018年度にも増税する方向で調整に入った。現在は階数に関係なく床面積で税額を決めているが、高層階と低層階の価格差が税額に反映されておらず、不公平との指摘に配慮した。新築時の分譲価格などを参考として、中間階よりも高層の階では段階的に税負担を引き上げる。新しい税制の対象は2018年以降に引き渡す新築物件に限定する。
© 2016 株式会社 鑑定ソリュート鹿児島. All Rights Reserved.

Please publish modules in offcanvas position.